開発品一覧

開発中医薬品パイプライン

SBIファーマが開発中の医薬品パイプラインをご紹介します。

(スマートフォン利用の場合は横スクロールできます)

SPP-005
アミノレブリン酸塩酸塩

進行胃癌患者を対象とした審査腹腔鏡検査時における光線力学診断

大阪大学
(医師主導治験への薬剤提供)

Phase III

SPP-004
アミノレブリン酸塩酸塩及びクエン酸第一鉄ナトリウムの配合剤

ミトコンドリア病

埼玉医科大学、国立成育医療研究センター
(医師主導治験への薬剤提供)

Phase III

SPP-003
アミノレブリン酸塩酸塩及びクエン酸第一鉄ナトリウムの配合剤

シスプラチンを用いた化学療法実施時の腎機能低下

自社開発

Phase II

アミノレブリン酸塩酸塩

メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)感染皮膚潰瘍、多剤耐性緑膿菌(MDRP)感染皮膚潰瘍治療

検討中

準備中

アミノレブリン酸塩酸塩

がん放射線治療増強

検討中

準備中

アミノレブリン酸塩酸塩

膀胱癌における光線力学診断

検討中

準備中

SBI ALAPharmaグループのパイプライン

アミノレブリン酸塩酸塩及びクエン酸第一鉄ナトリウムの配合剤

虚血再灌流障害

University of Oxford, University of Leicester, University of Birmingham & University of Cambridge
(医師主導治験への薬剤提供)

準備中

アミノレブリン酸塩酸塩

脳腫瘍 (組織内光線力学療法)

University of Münster
(医師主導治験への薬剤提供)

準備中

アミノレブリン酸塩酸塩

髄膜種における光線力学診断

 University Hospital Münster

Phase III

アミノレブリン酸塩酸塩

乳がんにおける光線力学診断

University Health Network, Toronto

Phase III

SBIファーマのパイプライン

適応

開発主体

フェーズ

企業主導

膀胱がん 術中診断薬の用法変更

自社開発

 

SPP-005 アミノレブリン酸塩酸塩
Phase II

がん放射線治療増強

検討中

アミノレブリン酸塩酸塩
準備中

SBI ALAPharmaグループのパイプライン

適応

開発主体

フェーズ

医師主導

虚血再灌流障害

University of Oxford/  University of Leicester/  University of Birmingham/  University of Cambridge

アミノレブリン酸塩酸塩
Phase III

企業主導

乳がん 術中診断薬

自社開発

 

アミノレブリン酸塩酸塩
Phase III

企業主導

髄膜腫
悪性神経膠腫の術中診断薬の適応拡大

自社開発

アミノレブリン酸塩酸塩
Phase III

医師主導

悪性神経膠腫 組織内光線力学療法(再発対象)

 University Hospital Münster

 

アミノレブリン酸塩酸塩
Phase IIb

企業主導

悪性神経膠腫 組織内光線力学療法(初発対象) 

自社開発

アミノレブリン酸塩酸塩
Phase I/II

企業主導

悪性神経膠腫 組織内光線力学療法(初発対象) 

自社開発

アミノレブリン酸塩酸塩
Phase I/II
膀胱がん 術中診断薬の用法変更
Phase II
がん放射線治療増強
準備中
悪性神経膠腫 
組織内光線力学療法(初発対象) 
Phase I/II
Mechanical Translations by Google »