ホーム > ALAとは

ALAは生命の根源物質

   ALAとは5-Amino Levulinic Acid(5-アミノレブリン酸)の略称で、動植物の生体内に含まれるアミノ酸の一種。
   アミノ酸は、身体を構成する基本的な物質であり、体内のあらゆる働きをサポートする重要な成分です。植物においては、エネルギー生産において非常に重要な役割を果たす葉緑素(クロロフィル)の原料となるアミノ酸です。

ALAは天然のアミノ酸

ALAは天然のアミノ酸    普段口にしている食品にもALAは含まれており、私達は日頃からALAを摂取しています。中でもALAは焼酎粕や赤ワイン、高麗人参、かいわれ大根、お茶、お酢等の食品に多く含まれています。

コスモ石油の技術によるALAの大量製造

ALAの大量製造    従来、ALAは化学的な合成方法により製造されていましたが、多くの手間とエネルギーを必要としたため、製造コストが非常に高く、研究などの限られた用途にしか利用することができませんでした。
   しかしながら、コスモ石油の長年の研究開発の結果、発酵法という製造方法によって従来よりも安価で大量にALAを製造することが可能になり、ALAを様々な分野へ応用することが可能になりました。

生物におけるALAの役割

ALA(5-アミノレブリン酸)の構造    ALAは植物においては生長促進効果があり、既に多くの農家が野菜などの栽培にALAを利用しています。動物において、ALAは血液中のヘモグロビンの原料となります。また、ミトコンドリアのタンパク質、シトクロムの機能にも不可欠な成分になります。

ALAの可能性

ALA(5-アミノレブリン酸)   ALAの応用範囲はエイジングケア等の化粧品分野から健康食品分野、脳腫瘍の術中診断・がん診断等の医療分野など多岐に渡っています。
   ALAは生命力のカギを握る物質と言われており、その可能性が様々な分野で脚光を浴びています。

このページの先頭へ